【生前退位】がん治療、心臓手術…ご意向の背景に健康上の理由

    5
    【 This post was originally published on here. 】

     天皇陛下は平成15年にがんのため前立腺の全摘出手術を、24年には心臓手術を受けられている。

     関係者によると、こうした健康上の理由なども背景に「生前退位」への決意を側近に打ち明けられた22年7月以降、お気持ちが変わることはなかったという。

     20年12月、宮内庁は胃カメラによる検査の結果、陛下の胃や十二指腸に炎症が見られたと発表。21年1月には在位20年を機に、ご負担軽減策を初めて公表し、各種式典では原則として臨席されるだけで「お言葉」をなしとするなどの方策を示した。陛下が参与会議の場で「健康上の問題が起きる前に『譲位』ということを考えたい」との決意を側近らに打ち明けられたのはこの約1年半後の22年7月だった。

     翌23年3月に東日本大震災が発生。陛下は24年2月に狭心症の治療のため、心臓の冠動脈バイパス手術を受けられた。

     ただ、陛下ご自身は24年12月の誕生日会見で「公的行事の場合、公平の原則を踏まえてしなければならないので、十分に考えてしなくてはいけません」との考えを示したほか、今年8月8日に表明した「お気持ち」でも「時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なこと」と言及されている。

     こうした意向から、東日本大震災をはじめとする被災地慰問などの公的行為は、これまで通り継続されている。