【鳥インフル】宮城・登米市で野鳥のマガンからウイルス検出

    10
    【 This post was originally published on here. 】

     宮城県は29日、同県登米市内で見つかった野鳥のマガンの死骸から、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表。県は同日、対策本部を設置して関係部署による幹事会を開き、今後、感染レベルが上昇した場合の対応などを確認した。