がん患者会:改正対策基本法に反映求める 厚労省に提出

    3
    【 This post was originally published on here. 】

     全国がん患者団体連合会は14日、改正がん対策基本法の成立を受けて、厚生労働省が検討中の次期「がん対策推進基本計画」に法改正の内容を反映させるよう求める要望書を厚労省に提出した。

     要望は10項目。改正法で新たに盛り込まれた難治性のがんや希少がんの研究促進や、がん患者が職場で不利益を被らないための指針策定などを訴えた。体力低下や後遺症に応じた柔軟な働き方を支援する制度の検討、検診体制の強化、がん教育の推進なども求めている。【細川貴代】