大阪ソーダ、抗がん剤成分の受託製造に参入

    131
    【 This post was originally published on here. 】

     大阪ソーダは抗がん剤の有効成分となる原薬の受託製造に参入する。約25億円を投じて新しい研究開発棟を建て、抗がん剤の原薬の生産設備を導入する。同社は現在、抗がん剤の原料である中間体の製造を手掛ける。特殊な設備が必要で付加価値が高い原薬に参入することで、医薬品などヘルスケア関連事業の成長を加速する。

     新しい研究開発棟は兵庫県尼崎市の研究センター内に設け、2017年10月の完成を予定する。抗がん剤の原…