将来の肝がん防げ B型肝炎ワクチン、今月から定期接種

    11
    【 This post was originally published on here. 】

     乳幼児が受けるワクチンの定期接種に、今月からB型肝炎が加わった。子供たちが将来、肝硬変や肝がんになるのを防ぐのが目的だ。0歳児で接種するため、早めにかかりつけ医と相談し、他の予防接種も合わせて受けるようにしよう。(平沢裕子)

    血液、体液から感染

     B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染により起こる肝臓の病気。HBVの感染は、一過性で終わる場合と、そのまま感染している状態が持続(キャリアー化)する場合がある。持続感染では慢性肝炎となり、肝硬変や肝がんなど命にかかわる病気を引き起こすことがある。日本のHBV感染者は130万~150万人、そのうち10~15%が肝硬変や肝がんとなるとみられている。

     感染は、キャリアーの血液や体液と濃厚接触することで起こる。出産時の母子感染のほか、歯ブラシの共用や傷口からの水平感染がある。済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科顧問で、小児科医の藤沢知雄さんは「HBVはだれでも感染の可能性がある。とくに3歳未満の乳幼児では、感染するとキャリアーになりやすい」と指摘する。

    続きを読む