AI応用、がん早期発見精度99%以上に VBが技術開発

    2
    【 This post was originally published on here. 】

     【シリコンバレー=兼松雄一郎】人工知能(AI)開発ベンチャー、プリファード・ネットワークス(東京・千代田)は26日、AIの進化を急激に加速させている開発手法「深層学習(ディープラーニング)」を使い、乳がんの早期発見精度を99%以上に高める技術を開発したと発表した。現状の8割程度から大幅な改善に成功した。数十種類のガン種に応用できるメドが立っており、今年中にも臨床試験を始め早期実用化を目指す。実現すればAIの応用により医療費の大幅な削減につながる先行事例となる。

     米サンフランシスコで同日開催されたAIの著名技術者が集まるイベント「ディープラーニング・サミット」で公表した。血中の物質やゲノムなどの解析データを総合的にAIに学習させ、5千症例で高い精度を確認できた。わずかな血液を採取するだけで従来より安く、格段に高い精度の検査が可能になるという。学習させるデータをさらに増やし、日米などで医療機器として認可を取得していく計画。

     プリファードは日本を代表するAIベンチャーで、トヨタ自動車ファナックなどと自動車やロボットに応用できるAIの開発で提携している。